お腹の脂肪を気にする男性とハンバーガー
ダイエットしたい女性

痩せる為の食生活の改善は、計画的に行う必要があります。
例えば、食事の違いで体にどのような影響があるのか、食事のメニューが変わると痩せやすくなるのか等を把握する事は重要なポイントです。
ここでは、食事の改善はどの程度行うべきなのか等も含めて、健康的に計画を実行できる痩せるための食事を公開します。

公開される内容を参考に食事の管理を行ったり、計画を立てたりするのは面倒に思えるかもしれません。
しかし、人間の体は正直なものですから、上手く管理をして計画的に食べていく事で痩せやすくなります。
ただし、全ての人に共通してこれを食べると良いという食事はありません。

ダイエットに効果が期待できる痩せる薬の服用によって、全ての人が同じ結果を得られないのと同じことです。
公開内容と照らし合わせて、自分の体や生活環境に応じて取捨選択し、上手な管理と計画が必要になります。
一度身に付けると長く使える方法になるので、痩せるだけでなく目標体重に達した後も体型を維持しやすくなるでしょう。

痩せる食事と太る食事の違い

最初の公開情報として、そもそも食事にはやせる食事と太る食事の2通りがあります。
例えば、カロリーが少ないものは痩せる食事になりますが、多すぎるものは太る食事です。
カロリーが少ない食材の代表としては、しらたきやこんにゃく、ところてんや寒天等があげられます。
食事への応用方法は様々ですが、美味しく食べて痩せる事を目指すのなら煮物や炒め物がお勧めです。

例えば、しらたきは煮物に適した食材の1つで、美味しい味が染み込みやすく食事の満足感が高まります。
炒め物は明太子と和えるのも有効ですが、辛い物は苦手な方にはコンソメ等の味付けもお勧めです。
摂取するカロリーが多い食材としては、菓子パンは注意すべき物の1つです。
手間がかからない為、つい手軽な食事のメニューに入れてしまいがちですが、カロリーは意外に高い物が多くなっています。
あまり多く食べ過ぎるとカロリーオーバーになってしまい、太る食事になってしまうでしょう。
外食の代表格であるラーメンも要注意です。
塩分と脂肪が多く、体に脂肪を貯め込みやすい形になっています。
食事を主食と主菜と副菜とで分けた時も、痩せる食事と太る食事とがあります。

この場合はGI値に注目してみましょう。
低い方が痩せる食事、高い方が太る食事です。
例えば、主食の場合は、同じお米でも白米よりも玄米の方が痩せるのに有利になります。
GI値が低く、血糖値が上りにくいのがポイントです。
麺類の場合は、小麦粉で作られているラーメンよりも、そばの方がGI値が低い食材になります。
洋食好きな方の主食としては、全粒粉がポイントになります。
ご飯よりもパンが好きという方は、普通の小麦粉ではなく全粒粉を使っているパンを探してみると良いでしょう。
パン食は太るというイメージがあるかもしれませんが、全粒粉のパンは玄米よりもGI値が低いものです。

味や風味に変化を付けたい場合は、ライム麦パンをメニューに取り入れるのも良いでしょう。
たまにパスタを食べたいという方にとっても、普通の小麦粉より全粒粉を使ったパスタが良い選択になります。
通常の店舗では小麦粉を使った商品が主流ですが、購入先としてはネットショッピングを利用するのが簡単です。
近くに輸入食料品の取扱店があるのなら、覗いてみると良いでしょう。

間食で食べるものにも注意

食事と食事の間に取る間食の場合も、痩せる食事と太る食事は違います。
ここで注目すべきなのは、糖分の違いです。

例えば、清涼飲料水は太る原因の代表になります。
ペットボトルや缶の清涼飲料水には大量の砂糖が入っていますので、飲み過ぎには注意が必要です。
清涼飲料水と言われるとジュース類を想像するかもしれませんが、コーヒーや紅茶等のペットボトルや缶にも含まれています。
3時にコーヒーや紅茶と一緒に食べるという方は、洋菓子にも注意が必要です。
洋菓子は甘いので糖分が多いというイメージがあるかもしれませんが、バターや牛乳等も多く含んでおり脂質の量も多くなっています。
間食として利用するには、食べる量に注意する必要があるでしょう。

一方、痩せる食事としての間食は、意外に伝統的なお菓子が有効です。
例えば、するめや煮干し等の乾物は、洋菓子と違い痩せるために有効です。
洋菓子に比べて糖分や脂肪の量が少ないというだけでなく、日持ちして食べる量を調整しやすいのがポイントになります。

例えば、するめの場合はコンビニでも小型の食べ切りサイズが購入できるので、手軽に入手できて利用しやすいでしょう。
にぼしは1つずつ手に取って食べる物ですが、ポテトチップス等と異なり歯ごたえがあります。
噛んでいる内に満足してくるので、必要以上に食べる心配が少ないでしょう。
また、するめもにぼしも旨味が強いので、食べた時の満足感が高まります。
これらのように、痩せる食事と太る食事は違いがあります。
似ているように見えて体への影響に違いがある場合もあるので、公開情報を参考にすると食事のメニューを選ぶ時に役立つでしょう。

和食は痩せる食事の代表

現代は家庭でもお店でも洋食が豊富にありますが、痩せるのが目的であれば痩せる食事の代表である和食を選ぶのがお勧めです。
日本人の味覚に合う味付けであり、食材も簡単にリーズナブルな価格で手に入るので作りやすくなっています。
作り方を学ぶにも、身の周りにアドバイスをしてくれる人を見つけやすいので健康的に美味しい料理を食べながら痩せる事ができるでしょう。

和食が痩せる食事の代表である理由は様々にありますが、まず栄養バランスの良さがあげられます。
使われている食材の幅が広く、蛋白源として肉だけでなく魚も使われていますし、食物繊維も野菜のみならず海藻も用いられています。
食材の選択範囲が広く、飽きずに食べ続けられるというのは和食ならではの特徴です。
食材の選択範囲が広いだけでなく、偏りが少ないというのもポイントです。
蛋白源に肉と魚を両方使える事で、食事の満足度の高さや健康への影響をコントロールしやすくなっています。
何かお祝い事があって外で洋食を食べて帰ってきても、次の日は和食にするというように無理せず食事のコントロールをしやすくなっています。
また、あまり知られていないポイントとして加熱野菜が多く使われている事も重要です。

野菜は生でサラダにして食べるという方も多くいますが、和食のように加熱野菜にするとより多くの量を摂取しやすいというメリットがあります。
例えば、同じキャベツを食べるにしても、サラダとしてそのまま食べるよりお味噌汁に入れた方が嵩が少なくより多くの量を摂取しやすい形になるでしょう。
洋食によく使われている脂が少ないという点も、注目に値する部分です。
例えば、麺類の料理でそばとパスタとを比べてみましょう。
そばはそば粉や魚介由来の出汁、穀物由来の調味料を利用しておりGI値が少ない食材で構成されています。

パスタはGI値の高い小麦粉や脂の多いチーズ、肉等も多く使われるのでそばに比べると太る食事に類するメニューです。
これらのように、和食には痩せる食事として有効な要素が数多くあります。
全ての和食のメニューが痩せるのに有効という訳ではありませんが、選択の幅が広いのが良い所です。
好きな物を美味しく食べながら痩せるという、理想的な食生活を送りやすくなっている点を利用しない手はありません。
痩せる食事としての、和食のおすすめメニューは数多くあります。

和食にも避けるべき食材があります


ただし、伝統的なメニューが必ずしも有効という訳ではないので、いくつか避けるべき食材を覚えておいておくと良いでしょう。
例えば、主食に白米の代わりに玄米を使ったものは、良い選択になります。
しかし、玄米の風味が苦手という方にとっては選びにくい事になるでしょう。

代替の選択肢として、五穀米等を使う事も有効です。
伝統的な和食のとしてはうどんも人気がありますが、白米と同様にGI値が高いので避ける方が良いでしょう。
同じ和食の麺類であれば、そばの方がGI値が低いので選択しやすくなります。
夏になるとそうめんを食べたくなるという方もいるかもしれませんが、GI値は意外に高めです。
夏向けで食べやすいメニューとしては、春雨を選ぶという方法もあります。

和食のメニュー例からもわかるように、日本人に馴染みのある食材や馴染みやすい食材が多くあります。
食事のメニューの代替を選びやすいので、好みに応じて食べる物を変えやすいのが特徴です。
実際に食事の計画を立てていく上では、何もかも和食にするという必要はありません。
和食を中心にして、時々洋食を入れる事もできます。
例えば、朝は洋食にして昼と夜は和食を選択する、逆に朝と昼は和食にして夜は洋食にするといった形も可能です。
単純に和洋を織り交ぜるだけでなく、洋食を入れるタイミングを変える事もできるので上手く活用しましょう。
和食のメニューに多少の中華や洋食の要素を入れても構わないので、和食の柔軟性を利用する事で上手くメニューを作れます。

でも痩せる食事ばかりしてると身体を壊す

痩せる食事をメニューに入れる上で、必ず守るべきポイントは健康を維持する事です。
単純に痩せるだけが目的にすると身体を壊すので、注意が必要になります。

ここで重要なのは、人によって体質や体の調子は異なるという事です。
洋食でも和食でも、同じメニューで食事を管理しても身体を保てる人と身体を壊す人がいます。
他の人が大丈夫だから自分も平気だと安易に考えず、自分の体調は常に観察して柔軟に対応しましょう。
例えば、これまで食事の度に洋食を沢山食べてきた方にとっては、和食を少し食べるという食生活に変えていく事で自然と減量する事もできます。
しかし、少し食べる事に慣れてくると、もっと少なくしようという意識が働いてしまいやすいので注意しましょう。
使用する食材もよりカロリーが少ないもの、より痩せるものと極端になってしまいがちです。
これが身体を壊す原因になる事もあるので、注意しましょう。

食事を変化させる際は、家族や友人等の協力が得られると無理なく実践しやすくなります。
自分がメニューの選択や料理の内容で無理をしていないか、極端になっていないか等を客観的にチェックしてもらう事ができるからです。
自己判断では分かりにくい部分になりますので、無理をして身体を壊す前に止めてくれる人がいる事は頼りになるでしょう。

栄養の偏りには注意をしましょう

また、栄養が偏りやすくなるという点も重要です。
痩せる食事にする為に油分の少ない物ばかりを選んでいくと、今度は体に必要な脂が得られなくなってしまいます。
これも肌荒れや体調不良等で体を壊す原因になるので注意しましょう。
逆に、上手くいっているのに揚げ物が食べたい時は、調理中に脂分を吸収しにくいイカを使ってイカリングをメニューに加える等の工夫をすると良いでしょう。

栄養の偏りに関して、最近流行している糖質制限等も自己流で無理をすると躰を壊す原因になります。
専門のインストラクターの指導の下で行うのが適切なものであり、安易な応用は禁物です。
プライベートジムで行われる食事制限は、事前に個々人の体の状況や体質を徹底的に科学分析と厳格な管理の上で成り立っています。
糖質制限等を実行したいのであれば、適切なジムに通うべきです。
食事内容を急激に変えすぎるのも、体を壊す原因になるでしょう。
一念発起して全ての食事を痩せる和食に変える、等の行為は、体重が急激に減少してしまうリスクがあります。
体重が早く減少する事は良い事と思われるかもしれませんが、肌荒れや体調不良といった形で体を壊す原因になるので注意が必要です。
1か月に1kg程度痩せる事ができれば、肌のたるみや体調不良等の影響も少なくなるでしょう。
急激な体重変化に関しては、筋肉量が減少してしまうのも問題です。
痩せにくい体質になるだけでなく、ボディラインも良くないので痩せる事で得られるメリットが少なくなります。
体調を崩しやすい体質にもなるので、筋肉を減らす事と脂肪を減らす事とは別と考えて食事のメニューを考えていくのが有効です。
無理のないメニューは筋肉を極端に減らさず脂肪を減らしていく事ができます。

この他にも、痩せる食事だからと油断して食べる量を増やしてしまうのも問題です。
特に、夕食は食べる量が増えがちになりますから、注意して食べる量を調整しましょう。
基本的に朝に食べる量を多くして一日の活力を得るようにして、夕食は少なくして体に脂肪を溜め過ぎないようにする事が重要です。
食事は体を作ったり維持したりする為に、必要不可欠な日々の要素です。
痩せる食事は簡単に痩せられる有効な方法になりますが、逆効果になったり無理をすると身体を壊したりします。
健康的なメニューを作って少しずつ体重を減らしていく事が、体調を維持したまま目標体重に近づく有効な方法です。
選択肢は1つではありませんから、自分に合った食事は必ず見つかります。